AirDropの便利さに魅了乗り越えた10万円の壁。ついにMacbook Proを手に入れる!

airdrop
airdrop

「動画編集」が楽しくなり「Windows」から「MacBook Pro」への移行を検討!

幾多の試練を乗り越えて、念願がかなったお話を紹介します。

動画編集が楽しい

「MacBook Pro」が欲しい!!

最近、動画の編集が楽しいです。

出掛けた先で「iPhoneSE」を使って動画の撮影。

内容は、特にすごい内容というわけではなくただの日常を撮ったものです。

編集するとストーリー性が出て自分の思いを乗せ「YouTube」などに投稿すると反応があるので励みになっています。

そして動画編集の機会が増え、扱うデータもかなり大きくなってきました。

データ量だけであれば、iPhoneの「共有ファイル」に保存しておけば特に困りはしません。

動画データの転送

データを送る
データを送る

しかし、このデータを編集のためにパソコンに送ることに毎回ストレスを感じるようになりました。

ブログを書くためだけであれば「Windows」でいいけれど、動画編集となると不自由に感じるのです。

というのも、「iPhone」から「Windows」へのデータの送信がとても面倒なのです。

インターネットで調べて、

圧縮する
メールに添付
Googleフォト
USBコードで繋ぐ

と、色々と工夫していました。

けれど、根本的な解決には至りませんでした。

最終的に「Macbook pro」を手に入れるのですが、そこまでの道のりを語ります。

今回の内容は…

MacBook Proが欲しい

家族が「MacBook」や「iMac」を持っているのでわかるのですが、iPhoneで撮った動画をパソコンに送る時は、AirDropがいちばん送りやすいです。

私の持っている「iPad」も、AirDropを使ってデータを送れるのでとても便利です。


その反面、「Windows」のパソコンに送ることがとてもストレスです。

家族の所有する「MacBook Pro」や「iMac」なら、「iPhone」からAairDropを使って瞬時に送れます。

こうなると「MacBook」が欲しい…。「MacBook Air」もあるけど、「MacBook Pro」が良い・・

この気持ちはもうここ半年間ほど持ち続けている気持ち。

「MacBook Pro」は高いので、どうしても買えずにいました。

妥協をすれば中古品なら手に入らなくもありませんが、できれば新しいものが欲しいのです。

古いiMacを使ってみる

家族所有の「MacBook Pro」だと単発なら貸してもらえるのですが、常時だと貸してはもらえません。

中古パソコン
中古パソコン

思い切って買おうかと何度も思いましたが、私のWindowsは問題なく動いています。
「動画編集」もいっときの趣味で終わるかもしれません。

そうなるとやはり…という思いも浮かびます。

家には、家族が昔使っていた古い「iMac」がありました。

試しに久しぶりに起動してみました。

問題なく動きましたが、周辺機器やアプリとの兼ね合いもあって古くて使えませんでした。

機会に故障がなくてもバージョンがアップしているため互換性がなくなっているのです。

頭を抱える毎日を過ごしました。

中古パソコンを検討

中古パソコンの購入も考えました。

しかし「MacBook Pro」は中古でも高いです。

パソコン工房

「パソコン工房」では、無金利48回払いができます(店舗)。


数年前のであれば多少は安くなっていますが、できれば最新に近い方がこれから長く使えます。

そして中古だと保証期間が短いです。

これから何年間も使うかと思えば、数万円の違いであれば新品の方が良い気がします。

万が一、手放すことがあったにしても「メルカリ」などに出品した際、保証があった方が有利かなとも思いました。

公式AppleStore ペイディ(Paidy)払い

どうしても「MacBook Pro」が欲しいけれど手の出る値段ではありません。

学生なら安くなるみたい…

あいにくみんな社会人です。

八方塞がりの私でしたが、少し調べるとペイディ(Paidy)「分割払い」ができることが分かりました。

とはいえ、分割払いでも毎月支払う金額を見ると少しひるみましたが…

払えなくもなさそうです。

なにより、手に入った分がんばれば良いと思いました。


早速、申し込んでみました。

「身分証明書」の提出や、「自分の顔」をスマホに映して、口を大きく開けたり閉じたりして認証します。

paidy
paidy

待つこと数分…

チーン
チーン


「お客様のご期待にそえず・・・」と、残念なお知らせが届きました。

とてもがっかりしましたが、

通らなかった理由は、限度額が10万円だったからでした…

オリコ(Orico)カードで再挑戦!分割払い

「ペイディ(paidy)」は残念な結果に終わりました。

でも私に問題があったわけじゃない!と思い直し、冷静に戻りました。

しかし、このままだと買えないかもしれないという不安はよぎります。

夫に頼んで買ってもらえば良いかも…

でももしもの場合は…と調べていたら、公式AppleStoreでの購入にはオリコ(Orico)カードも使えることがわかりました。

しかも、24回払いまでなら無金利なうえに「ボーナス払い」も併用できます。

これは!と思って早速申し込みました。

週末の金曜日でした。

申し込み後に、身分証明書の提出のメールが届き→返信。

その後、連絡なし。

焦る
焦る

土日は、音沙汰無し。

これは…と、せっかく手に入ると思った気持ちのやり場がありません。

落ちたのか、通ったのか・・・

結果だけでも教えてもらえれば、週末にまた直接買いに行くこともできるのに…など思っていました。

でもまぁ、直接買いに…と言っても私の住む地域からだとAppleStoreはかなり遠いので行けませんでしたけど。

そしてブツクサ言いながら週が明けることを待っていました。

月曜日のお昼前に入電。

すっかり忘れていた頃(月曜日)、ふいに入電がありました。

取り損なってしまい、履歴から電話番号を検索すると「オリコ(Orico)カード」からでした。

折り返し掛け直しました。

オリコカードから入電
オリコカードから入電

「確認のためのお電話でした」ということで、再度担当者からの連絡が入るということで「30分ほどで折り返しますのでお待ちください」というご案内。

少し待っていたら確認の電話が鳴りました。

一通り確認が済み、無事に成約が済みました。

やったー
やったー

その後、改めて成約メールが届きました。

OricoOK
OricoOK

それから数日したら正式な契約書が書面で送られてきます。

念願の「MacBook Pro」が届くことになりました。

購入後の感想

死闘の72時間と言えなくもない戦いが終わりました。

あれから無事に到着しました。

おかげで動画の編集がなんのストレスもなくできることが大変嬉しいです!

これから毎月払って行かなければなりませんが、それも2年間です。

それ以上は使いますし、自分への投資のようなものです。

機械さえあればできたこともできずにいたので、これで自由に羽を伸ばして「編集作業」ができます。

時には辛抱することや我慢も大事ではありますが、このような買い物をすることで伸びていくこともあります。

ここは考え方です。

自分を信じて、私の今回の買い物は「自己投資」でした。