Google検索に表示されない! 効果的に解消:サーチコンソールのキャンセル

ブログを書く方なら、Googleのサーチコンソール」は必須!!

新しい記事を書き終えたら、すぐに「サーチコンソール」にインデックス登録の申請をします。

この便利な「サーチコンソール」。
今回、間違ったことをしてしまい自分のサイトがまったく表示されなくなってしまいました。

Google検索に表示されません
Google検索に表示されません

結局、ずいぶんと時間を使いましたが解決しました。

原因としては「サーチコンソール」に、間違った「削除依頼」をしてしまったことでした。

「サーチコンソール」の便利な機能

私は毎回1記事を書き終えた後、すぐにサーチコンソールに登録を依頼します。

サーチコンソールと登録方法

「サーチコンソール」と「あなたのサイト(URL)」を紐づけてあげます。

「サーチコンソール」登録方法

  • Google Search Consoleホームの「今すぐ開始」を選択
  • プロパティタイプの選択(URLプレフィックス)
  • 所有権の確認手続き
  • HTMLタグをコピーし、サイトホームページの<head>内に貼り付ける
  • 所有権の確認完了

無事に紐づくことができたら、自分のサイトや新規で書き上げた記事のアドレス(URL)を入力し「インデックス登録」を依頼します。

「サーチコンソール」に登録したい「URL」を入力します

入力すると、Googleインデックスからデータを取得します。

特に問題なければ、登録できます。

「登録できない」場合もあります。

原因は

「noindex」タグであったり、
「robots.txt」でアクセス拒否になっている


など、さまざまです。

仕入れたものの悩む・・
原因解明・・


この場合、原因解明して登録申請しないと登録がうまくいきません。

改善した後、再度申請をしてみましょう。

解決しない場合は、「サーチコンソール」のコミュニティサイトがあります。

このコミュニティ(Googleセントラルコミュニティ)で調べたり、質問に投稿すると解決が早いです。

ブログ作成に欠かせない「サーチコンソール」。

普段、私たちが何かを検索する際には、Googleの検索窓にキーワードを入力しますね。

検索窓にキーワードを入力
検索窓にキーワードを入力

このキーワードに基づいて、検索エンジンがサーチ(探す)して表示をしてくれます。

「あなたのサイト」を検索してみて、表示されない場合は、登録されていない可能性があります。

この場合、「サーチコンソール」自体に特に問題がないようであれば、クローラーの巡回により、時間の経過とともに順次登録されていきます。

登録完了までに、クローラーの巡回を待つため、その反映までに時間が掛かります。

その時間を短縮する役割を持っているのが、「サーチコンソール」でもあります。

「サーチコンソール」にできること

「サーチコンソール」の機能には、次のようなものがあります。

  • 検索パフォーマンスの分析(検索順位や流入数など)
  • URL 検査(Google に記事の公開・更新をアピールする機能)
  • インデックス状況の確認
  • XML サイトマップの送信
  • 手動ペナルティなどの警告確認
  • リンク状況(被リンク元)の確認
  • Google アナリティクスとの連携

「サーチコンソール」は、

「あなたのサイト」と「Google」を繋げる役割があると思ってください。

インデックスの登録

あなたのサイトが登録できていない場合、改善しないで放っておくといつまでも登録できないままの場合があります。

「サーチコンソール」は、ページをGoogleに「登録」してもらうための働きをしています。

ページがGoogleに登録(インデックス)されてないと、いつまで経ってもアクセス数が伸びていきません。

「サーチコンソール」を積極的に活用することで、サイトが正しく表示されるよう促していきます。

サイトが表示されているか確認

あなたのサイトが正しく表示されているのかは、「site:あなたのURL」と入力するとわかります。

(’あなたのURL’の部分に「あなたのサイトのURL」を入力してください)

あなたのサイトページが、意図したように、すべて掲載されているのであれば問題ありません。

そして、もし掲載されたくないページが掲載されていた場合だと「削除」の依頼ができます。

掲載して欲しくないページの、削除の方法です。

「サーチコンソール」左側にある項目の「削除」をクリック

下記写真にある「虫眼鏡🔍」の部分に、削除したいURLを入力。

続いて、

赤の「新しいリクエスト」をクリック。

これで申請は、終わりです。

しばらく様子を見ます。

後日、Google検索をして、削除したURLで表示が消えていれば「削除」の完了です。

Googleは、24時間ウェブ上をクローラーで巡回しています。

巡回することで順次、新規のページは反映されていくのですが、それにはタイムラグがあります。

そのラグがないよう「サーチコンソール」を利用すると、優先的に巡回を促進させることができます。

サイトが掲載されているかの確認

Googleの検索表示に掲載されている、あなたのサイトページを一つ一つを見ていくと、時々載っていないページが見つかるかもしれません。

その場合、理由は色々とあります。
特に問題がなければ、時間とともに掲載されていきます。

しかしその「待っている時間」がもったいないです。

インデックス登録を促してあげましょう。

インデックスの登録も削除も「サーチコンソール」で、できます。

自分のサイトが丸ごと掲載されない!

パソコンのトラブル
サイトが載らないトラブル

今回私は、この便利な「サーチコンソール」の使い方で大失敗をしました。

Google検索に表示されません
Google検索に表示されません

自分のウェブサイトが、「Googleの検索」結果に一切表示されない問題に直面していました。

もし、同じ問題を抱えている方がいれば、この記事がお役に立てるかもしれません。

1. 問題発生

ある日のこと、アクセス数がガクンと減りました。
そのため、自分のサイトが登録されているかをチェックしたところ、インデックス登録自体は何も間違っていませんでした。

すべて登録されていました。

ですが、「Googleの検索結果」を見ると「表示されていない」ことを確認しました。

私のサイト内にある「その他のページ」も確認しましたが、こちらも載っていません。

2. Googleサーチコンソールの確認

Google「サーチコンソール」にログインし、対象のウェブサイトを選択しました。

インデックスの状況や、エラーメッセージもすべて確認してみました。

特に問題は、見当たりません。

3.解決策が見当たらない・・・

インデックス登録には、問題ありません。

ネット上で、直URLを入力すると自分のサイトを見ることができます。

解決策が、見当たりません。

この時点で、調査にかなりの時間を要していました。

ネット上にはかなりの情報で、「時間の経過と共に改善する場合もあるから、待つこと」の推奨がありました。

待っている間に、アクセス数が落ちていきます。

アクセス数が落ちる
アクセス数が落ちる

収入も落ちてしまうので、死活問題です。

4. 削除申請の発見

万全尽きた形で、どうすることもできずにいました。

でもある日のことです。

ふと、いちばん触ってはいけない「削除」の項目に目が行きました。

「サーチコンソール」の「削除」で、過去の「送信されたリクエスト」を見つけました。

4.振り返る「削除」依頼

それを見て、思い出したことがあります。

先日、自分のブログを見直していました。

書く内容が広がってしまったので、ジャンルを絞ることにしました。

カテゴリを整理していて、カテゴリ同士の繋がりも無関係なものもありました。

サイトの引っ越し
サイトの引っ越し

そこで、半分以上を別のサイトにお引越しさせることにしたのです。

その時に、これまでのサイトページのキャッシュが残っていたので削除を申請したのでした。

けっこう大量に移動させたので、一度サイトのURLごとインデックス登録を削除しました。

理由は、キャッシュが残っていると、重複コンテンツとみなされて、ペナルティがあるといけないと思ったからです。

そのため、一度「URL」丸ごと削除の申請をしました。

5. 削除申請のキャンセル

私の勘違いというか、思い違い、間違いは、いったんURLのインデックス登録をキャンセル(削除)しても、再度登録の申請をすれば、インデックス登録されると思っていました。

この方法だと、半分は正解で、半分は不正解です。

正解な点は・・・

インデックス登録は、されます。

不正解な点は・・・

URLごと削除申請をしたままだと、登録申請をしても登録はされても検索表示されません。

ここが、解決へと導いた鍵となりました。

これらの機能を理解した上で活用したのであれば、それで良いのですが、そうではない場合だと気をつけないといけません。

私の場合、アクセス解析で気がつきそこから相当の時間を要し、その時間を無駄にしてと思いました。

待てば回復する、と思っていたところがありました。

この件で、アクセス数は明らかに落ちてしまいました。

そ原因がわからずに、調べることに多大な時間を費やしました。

でも、この経験は無駄ではなかったです。こうして勉強になりました。

具体的な解決方法

それでは、具体的な解決方法です。

誤って削除依頼したものは、またキャンセルすれば復活します。

対象のページやコンテンツを過去のリクエストから選択し、キャンセルの手順を実行します。

削除を依頼したものでも、キャンセルにより回復するのです。

「削除依頼(リクエスト)」に対しての、キャンセル依頼です。

サイトが復活!!

6. 結果の確認

キャンセル後、Google「サーチコンソール」で再度ウェブサイトのインデックス状況を確認しました。

インデックスは、問題なく登録されています。


サイトの確認です。

こちらも「site:私のサイトURL」で確認します。

Google検索に表示された!
Google検索に表示された!

サイトが復活しました!

ここに辿り着くまで、ネット上では「しばらく時間を置いて反映するのを待ちましょう」ということが多く書かれていました。

しかし私の場合、待っても改善しなかったので、この方法を取ったところわずか数時間で回復(復活)しました。 

まとめ

今回、私の経験では、誤ったサイトの削除依頼によるものからでした。

削除申請が原因で、Google検索結果に表示されない問題を解決するためには「サーチコンソール」の「削除リクエスト」のキャンセルが必要でした。

同じ問題に悩む方は、この手順を試してみてください。

注意点:
これは、私の場合の解決方法の紹介です。

これでも改善が見られない場合は、他を試してみてください。

あなたのブログ生活が、豊かで有意義なものでありますように。