動画編集・ブログ作成を加速させる!WindowsからiMacへ機種変。データ移行術 

iMacにデータ移行
iMacにデータ移行
旅するのん
旅するのん

数年前に、ブログ作成や動画編集が好きでパソコンを購入しました。
その時も「Mac」にするか「Windows」にするか、ずいぶんと迷い悩みました。 

ドゥ ユー ウォンツ 「Windows」 or「 Mac」??

インターネットで調べると「Windows」のユーザーは、国内で7割以上でした。

それが決め手で、「Windows」を購入したのは、3年前です。

性能としては「Windows」は、問題なく使えています。

でも、使っているうちにストレスに感じたことがあってこのたび「iMac」に買い替えました。

「iMac」にしたことで、パソコン作業がグンと楽になりました。

今回「iMac」を買ってみた感想を紹介します。

  • WindowsからiMacへの乗り換え
  • データ移行が、ブログ制作や動画編集に与えた影響 
  • 「Windows」の問題と作業の課題 
  • iMacを選んだ理由と期待 
  • 移行後の変化と利点 
  • よくある問題とその解決策 
  • 買い換え、データ移行の成功体験
  • 「iMac」に買い換えて良かったまとめ

「Windows」から「iMac」への乗り換え

我が家に届いたiMac
我が家に届いたiMac

「Windows」のユーザーは、国内最多です。

使い勝手や、周辺機器との相性も良く、まったく問題なく使えます。

ただ一つだけ「Windows」に対して、ストレスに感じていたことがあります。

iPhoneユーザー

「iPhone」ユーザーの私としては、外出時、携帯で撮影した写真や動画のデータを「Windows」のパソコンに送信するのが、とても不便でした。

「iPhone」から「Windows」にデータを送る方法は色々とあります。

ネットで調べて、試行錯誤しましたが、同じApple社同士でデータを送受信できる「AirDrop」に勝るものはありませんでした。

airdropのフォト
airdropのフォト

データ送信も、頻度が少ない時であれば良かったのですが、いつも頭の片隅に「AirDrop」が良いなぁと思っていました。

そして、ここ最近ではデータ送信の回数も増え、ここは一大決心!


思いきってiMacを購入することにしました。

結論としては、「買って良かった!!!」と思います。

iMac購入正解!
iMac購入正解!

データ移行が、ブログ制作や動画編集に与えた影響 

まだ使える「Windows」を持っているにも関わらず、「iMac」に買い替えるという暴挙に出た私。

私にとって、かなり高い買い物です。買うまでに、かなり悩みました。

お値段も、3年間保証のApplecareを含めると20万円を越えます。

それでも、日を追うごとに「iMac」の欲しさが募っていきます。

私が買い換えたい理由は、ただひとつだけ。

「AirDrop」を使ってデータを送受信したい。

ということのみでした。

「Windows」の問題と作業の課題 

「Windows」での「ブログ作成」や「動画編集」は、特に問題があるわけではありません。
周辺機器を買ってきても、ほとんどのものが使えます。

「iMac」に使えて「Windows」に使えないなど、そういうことは滅多にありません。

ただ、その素晴らしい「Windows」にも、ちょっとしたトラブルもあります。

その場合は、修理に出します。

パソコンのトラブル
パソコンのトラブル

「Windows」の修理をきっかけに・・・

今回、買い換えるきっかけになったのは、「Windows」のマウスの不調でした。

「デバイス」を認識しなくなりました。
保証が付いているので、修理に出せば直って帰ってきます。

でも毎回なのですが、その修理の間は作業ができなくなります。

今までは待てたことでも、「ブログで収入を得る」ようになった今は、そうした時間も貴重です。

「セカンドマシン」として、あと1台は準備したいと思うようになっていました。

色々と考えたのですが、公式のApple Storeからだと分割払いで購入ができます。

ここはもう、自分への「投資」と思って購入を決めました。

iMacを選んだ理由と期待 

 

データ移行のスムーズな体験 

高価な買い物のため、家族には相談し許しは得たものの、勢いで買ってしまった「iMac」。

最初は「MacBook Pro」を購入の予定でした。

でも、結局「iMac」にしました。

理由は、「MacBook Pro」より「iMac」の方が安いからです。

「MacBook Pro」はノートパソコンなので持ち歩きやすいです。

とても、悩みました。持ち運びに便利なのは譲れなかったからです。

だけど、今持っているノートパソコンの「Windows」は持ち運びができます。

予算もあることなので、デスクトップの「iMac」で出費を抑えました。

バックアップと準備 

お支払いもクレジットカード会社の審査も通り、分割払いです。

無事に審査が終了し、スムーズに「iMac」が送られてきました。
当日に、発送されました。

到着した時は、頭の中は空っぽで、何も考えずに、嬉しさだけが先に立ちました。

梱包を開ける時から、ワクワクが止まらなかったです。

「Apple社」製品の梱包は、芸術に近いものがありますね。

「Windows」データの適切なバックアップ 

今回勢いで購入してしまい、あれよあれよですぐに届いた「iMac」。

到着後も、普段は面倒な「セットアップ」のことまで考えていませんでした。

でも驚いたことに「Windows」のデータは、そのままスムーズに「iMac」に移行できました。

WindowsからiMacへデータ移行中
WindowsからiMacへデータ移行中

 移行の前に、整理すべきデータ 

「Windows」から「Mac」にデータを移行するには、「Windows 移行アシスタント」があります。

私の場合で、移行に要した時間は2時間ほど。

データの容量で、人によっては違うのかもしれません。

 移行ツールの活用で、セットアップが簡単にできてしまいました。

   不要なこと:
・ファイル、写真、音楽などのデータ移行
・アプリケーションや設定の引き継ぎ

面倒な引き継ぎは、ほぼありませんでした。

移行後の変化と利点 

2時間で「移行」は終了。
「お気に入り」の登録や「パスワード」などもそのまま移行できました。

本当に、楽でした。

「 iMac」でウキウキ実感 🎶

いよいよ準備が整い、セットアップ完了。
念願の「AirDrop」を使ってみました。

(どうしてこんなかんたんに?)と思うくらい、一瞬でデータが送れます。

動画も、ほぼ一瞬。

データ移行による「ストレス」の軽減 

これで、断然作業がはかどります。

ただ、写真の送信においては拡張子が「.HEIC」になりますので、ブログなどで写真を使うには「.jpg」に変換の必要があります。

その場合は、ネット上で「変換」ができるサイトがありますので、活用してください。

 iMacに換えてから・・・

「Windows」から「iMac」に換わり、ほぼストレスなく使えています。

が、やはりまだ慣れていないため、少し時間は掛かっています。

「Windows」とそう大きな違いがあるわけでもなく、わからないことはネットで検索すれば出てきます。
慣れれば、問題点はなしと言っても過言ではありませんね。

よくある問題とその解決策 

    移行中のトラブルは、ほとんど(いえ、まったく)なく、届いてから数時間で通常運転スタートでした。

ユーザーのことを思い、本当に、よく作られていると感心しています。

ショートカットを覚える!

「Windows」と「iMac」で大きく違うと感じるところは、「ショートカット」だと思います。

「iMac」でも右クリックの機能が使えなくもありませんが、「Windows」の方が便利でした。
そのため「iMac」では、「ショートカット」を多用しています。 

 買い換え、データ移行の成功 

「iMac」を購入し今後の支払いもありますが、それでも夢が膨らみます。

デスクトップなので、画面も大きく、腰を据えて作業に集中できています。

そして、やはり最新のものだからか、始めてみる機能にも楽しませてもらっています。

「iMac」のカメラの性能

中でもいちばん驚いたのは、「Face Time」かもしれません。

ほぼ、テレビ電話です。

「画面」も「画像」もとても鮮明で、美しく映ります。

携帯からでもカメラを使って電話はできますが、「iMac」からの画像は大きくて明るくて綺麗です。

「iMac」に買い換えて良かったまとめ

ブログを書くにしても、動画を編集するにしても、画面が大きいので作業が楽です。

たくさんのアプリを同時に起動させながら、作業を進めています。

手持ちの「iPhone」とも連動し、お互いに良い仕事をし合ってくれています。

Apple社の製品同士は、連動するのがとても良いです。

 今後の楽しみ

今回、初めて「iMac」を購入したのですが、もっと早く買っておけば良かったと思っています。

いつも、あと少しで手が届きそうな感じなのに、ブレーキをかけていた自分に喝を入れたいところです。

これからの「iMac」生活が、とてもとても楽しみでたまりません。