コピー記事、SEOの視点から見たリアル~自分の書いた記事で成功どころか失敗する!?~

広告

コピー記事を作るのはウェブ上で情報をシェアする場合だと一般的な方法です。

しかしSEOでの影響はどのようなものなのでしょうか?

自分で書いた記事を、他のサイトにそのまま投稿してはダメなの?

自分の記事でも、複数のサイトにコピペで投稿してしまうと

どれが本物か、偽物か、他の人からはわかりません。

そして、SEOの観点からしても不利です。

自分で書いた記事だとしても、それをそのまま他のウェブ上に投稿してしまえばAI判定ではコピー記事になってしまいます。

自分の書いた記事をコピーしてたくさん読んでもらいたいと意図したのに、SEO上のペナルティを受ける場合も多いので気をつけましょう。

少しだけ、自己紹介


「のん」の紹介

元・保育教諭の主婦です。
子育てと仕事との両立を考えた時に「副業」を始めました。

子供が大きくなった頃、親の介護が始まりました。

仕事を辞めて、本気で始めたのがこの「ブログ」「メルカリ」です。
詳細はこちらから

では、今回は記事をそのままコピーした投稿について書いていきます。

  • そもそもコピー記事と分かってしまうのか?
  • コピー記事(重複コンテンツ)は不利?
  • 検索エンジンの願い
  • メリットはあるのか?
  • 重複したコンテンツ(コピー記事)は避けるべき?!
  • 解決・回避策
  • まとめ

そもそもコピー記事と分かってしまうのか?

あなたのオリジナルドメイン(URL)でも無料のブログ(amebaやNoteなど)でも「無料コピペチェックツール」を使うと、あなたの記事と似ている記事がweb上にないかを見てくれます。

それにより重複したコンテンツ(コピー記事)はすぐにわかってしまいます。

無料コピペチェックツール「CopyContentDetector」

こちらは無料で重複したコンテンツ(コピー記事)かどうかを判定してくれます。

コピーチェックツール
コピーチェックツール

このツールを使うことで、

自分の記事
自分の記事

「比較(他)サイト」の記事を比べることができます。

ピンクのマーカーで引かれている部分が重複したところです。
これが多ければ多いほど、コピー率が高いということになります。

コピー判定
コピー判定

このツールを使う際に気をつけることは

自分のサイトは除く
自分のサイトは除く

除外ドメインに「自分のサイトは外すこと」です。

外さないと、ウェブ上に載せた自分のサイトの記事も比較の対象になってしまいます。

ブログは副業に向いています。
副業にブログはとても向いているので紹介します。
第一歩を踏み出すために、まずはサーバーをレンタルしましょう。
サーバーは色々とありますが、「エックスサーバー」をオススメします。

ブロガーの中でも「エックスサーバー」はとても人気があります。

コピー記事(重複コンテンツ)は不利?

SEO対策
SEO対策

前章で、重複したコンテンツ(コピー記事)はすぐにわかってしまうことは分かりました。

では、この重複したコンテンツ(コピー記事)にどんな問題があるのか、メリット・デメリットについて考えていきます。

Q.
コピー記事(重複コンテンツ)は、SEOにおいてペナルティを受ける可能性があるのでしょうか?

A.
Googleのガイドラインにおいて、外部サイトからの重複コンテンツに対する厳格な禁止事項が直接的に明示されているわけではありません。

しかし、Googleはユーザーエクスペリエンスを向上させ高品質な検索結果を提供することを重視しています。

その一環として重複コンテンツを検出し、処理するアルゴリズムを運用しています。

いちばん恐れることは、Googleからのペナルティです。

しかしこのように、Googleは検索結果を操作するスパム的な意図がない限り重複コンテンツをペナルティの対象とはしていません。

ただしGoogleから「悪質なコピーコンテンツ」とみなされた場合は、ペナルティの対象となるようです。

大切なあなたのコンテンツやサイトにすべてに危険が伴いますので、気をつけたいところです。

検索エンジンの願い

検索エンジンはユーザーに品質の高いコンテンツを提供したいと考えています。

そして、ユーザーエクスペリエンスを向上させることを重視しています。

検索窓
検索窓

私たちは発信者でもありますが、ユーザーでもあります。

自分が調べたいものや、読みたいものを検索した時に必要な情報がすぐに欲しいですね。

そのようなユーザーの希望に沿いたいのが、Googleの願いです。

そのため重複したコンテンツ(コピー記事)が大量に掲載されていたり、他のサイトからコピーしたコンテンツを使用することは、ユーザーを惑わせることにもなりかねません。

それゆえ検索エンジンのガイドラインに違反する可能性があります。

¥1,426 (2024/01/13 09:23時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

ユーザー側の気持ちになって考えると良いかもしれません。

不利になる理由

このような意図を持った「Google」の検索エンジンです。

ユーザーのことを常に思い日々向上しています。

そのため重複したコンテンツ(コピー記事)の投稿により予想されるペナルティを考えてみます。

下記が、重複したコンテンツ(コピー記事)により受ける可能性のあるリスクです。

ランキングの低下:
検索エンジンは、同じまたはほぼ同じコンテンツが複数の場所に存在する場合だとどれを優先するか判断するのが難しくなります。

その結果、ランキングが低下する可能性があります。

ユーザーエクスペリエンスの悪化:
重複したコンテンツは、ユーザーエクスペリエンスを損なう原因となります。
ユーザーは同じ情報を繰り返し見たくないため、検索エンジンは重複コンテンツを排除しようとします。

検索エンジンの信頼性低下:
大量のコピー記事が検出されると、検索エンジンはそのサイト全体を信頼しづらくなります。
結果として、ペナルティを科す可能性が高まります。

コピー記事の利用がスパム行為に該当:
意図的に他のサイトからコピーしたコンテンツを利用する行為は、スパムと見なされる可能性があります。
これにより、検索エンジンからのペナルティを受ける可能性があります。

したがって、SEOを考慮したコンテンツ戦略を構築する際には、オリジナルかつ有益なコンテンツを提供することが重要です。

他のサイトから情報を引用する場合でも、それを補完し独自の視点や情報を加えることが大切です。

メリットはあるのか?

では、メリットはあるのでしょうか?

重複したコンテンツ(コピー記事)をすることにも多少のメリットもないこともありません。

その場合、後から書きますがある程度の工夫が必要になってきます。
知識を持っていないとできないことも多いです。

メリット・デメリットを比較した時、どのようになるのかを書いてみました。

メリット

被リンクの増加:
複数のブログで同じコンテンツを共有することで、異なるサイトからの被リンクが得られる可能性があります。
これは検索エンジンランキング向上の一因となります。

読者の拡大:
複数のプラットフォームで同じコンテンツを公開することで、異なる読者(年齢・性別・地域など)アクセスできます。
それによりブログ作成の上の気づきが増えて、視野を広げることができます。

リーチ(ユーザー数)の向上:
複数のブログで記事を量産することで、コンテンツが広く拡散されます。
新しい読者層に到達する可能性が高まります。

デメリット

重複コンテンツの問題:
同じコンテンツが複数の場所で掲載されると、検索エンジンが重複コンテンツとして判断しランキングが低下する可能性があります。

検索エンジンのペナルティのリスク:
同じコンテンツが複数のサイトに掲載されることが検出されると、検索エンジンからのペナルティを受けるリスクがあります。

ブランドイメージの低下:
同じコンテンツが異なるサイトに掲載されすぎると、ブランド(あなた)の信頼性や専門性が低下する可能性があります。

読者の飽き:
同じ情報を繰り返し見ることになると、元のブログ記事に対する読者の興味が薄れ、フォロワーが離れる可能性があります。

検索エンジンの信頼性低下:
量産されたコピーが品質の低い場合、検索エンジンはそのサイト全体を信頼しづらくなり、ランキングが低下する可能性があります。


重複したコンテンツ(コピー記事)は、単なる検索エンジンのアルゴリズムに従うだけでなく、ユーザーの期待に応えブランドとの良好な関係を築くうえで非常に重要なことではあります。

その一方で重複したコンテンツ(コピー記事)が「SEO」に不利な影響をもたらす例も多数存在しています。

¥1,445 (2024/01/14 12:23時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

検索エンジンの視点から見たとき、どのような要因がリスクを引き起こすのでしょうか?

重複したコンテンツ(コピー記事)が不適切に行われると、SEOに対していくつかの不利益をもたらす可能性があります。

以下は、具体的な失敗事例とそれに伴う問題点です。

  1. 重複コンテンツの問題
    同じあるいはほぼ同じコピーを複数のページに使用すると、検索エンジンはそれを重複コンテンツと見なす可能性があります。

    これにより、検索エンジンランキングが低下する可能性があります。

    失敗例では、複数のページに同じコピーが掲載され、検索エンジンがそれを無視したり、低いランクに付けたりすることがあります。

  2. キーワードスタッフィング
    過剰なキーワードの使用(キーワードスタッフィング)は、読み手に対して不自然であり、検索エンジンにとってもスパム行為と見なされる可能性があります。

    適切で自然な形でキーワードを組み込むことが重要です。
    不適切なキーワードスタッフィングが行われた場合、ランキングが低下する可能性があります。

  3. 信頼性の低下
    質の低いコピーは、読者に対して不信感を抱かせる可能性があります。
    検索エンジンもユーザーエクスペリエンスを重視しており、信頼性の低いコピーが含まれるサイトはランキングが低くなることがあります。
  4. ユーザビリティの悪化
    重複したコンテンツ(コピー記事)の記事が複雑で理解しにくい文章や、冗長なコピーは、ユーザビリティを損ないます。

    ユーザーがサイト上で必要な情報を見つけにくい場合、離脱率が上がり、検索エンジンがそれを悪い信号と捉えることがあります。
  5. 検索エンジンペナルティのリスク
    SEOのガイドラインに違反したり、悪質な手法を用いると、検索エンジンからのペナルティを受けるリスクがあります。

    ペナルティを受けると、ランキングが急激に低下し、復旧が難しいことがあります。

これらの不利益は、SEOの基本的な原則や検索エンジンのガイドラインに反する場合に生じる可能性があります。

重複したコンテンツ(コピー記事)は避けるべき?!

したがって重複したコンテンツ(コピー記事)を作成する際には、質を重視し検索エンジン最適化の原則に沿った手法を採用することが重要です。

重複したコンテンツ(コピー記事)で成功するためには、いくつかのベストプラクティス(効率的な技法、手法、プロセス、活動)を考慮することが重要です。

また、悪影響を回避するためには、検索エンジン最適化(SEO)のガイドラインや品質基準に従うことが必要です。

以下に、成功するためのベストプラクティスと悪影響を回避するための対策をいくつか挙げてみます。

成功するためのベストプラクティス

基本的には、まったく同じ重複したコンテンツ(コピー記事)は避けた方が無難です。
重複したコンテンツ(コピー記事)自体がガイドラインに違反しているわけではないようです。

しかし、ペナルティを受けてしまう危険性は常につきまといますので、伝えたいことを軸にある程度文章やキーワードなど変えてからの投稿がリスクヘッジになるようです。

発信するテーマや内容は変えず、文章を工夫しましょう。

  1. ターゲットオーディエンスを理解する
    ターゲットオーディエンスのニーズや関心を理解し、それに基づいてコピーを作成することが重要です。
    読者が価値を感じるコピーが成功につながります。
  2. クリエイティブなタイトルと見出し
    タイトルと見出しはクリエイティブで注意を引くものであるべきです。
    これにより、読者がコピーを読む意欲が高まります。
  3. SEO最適化
    適切なキーワードを選定し、自然な形で文章に組み込むことで、検索エンジンランキングを向上させることができます。
    ただし、過剰なキーワードの使用は避けるようにしましょう。
  4. 読みやすさと分かりやすさ
    簡潔かつ分かりやすい表現を心掛け、長文や冗長な表現を避けることで、読者の理解を促進します。
  5. 付加価値の提供
    コピーには読者にとって付加価値となる情報やヒント、エンターテインメント要素を取り入れましょう。
    これにより、読者がコピーを共有したりリピーターになる可能性が高まります。
  6. 信頼性の確保
    正確で信頼性のある情報を提供し、必要に応じて引用や専門家の意見を組み込むことで、読者の信頼を築くことができます。 悪影響を回避するための対策
  7. キーワードスタッフィングを避ける
    過剰なキーワードの使用を避け、自然な文章の流れを大切にしましょう。読者にとって自然で読みやすいコピーが好まれます。
  8. 重複コンテンツを回避する
    同じあるいはほぼ同じコピーを複数のページに使用しないようにし、ユニークなコンテンツを提供することが重要です。
  9. 適切な引用とソースの使用
    引用やソースを使用する際には、信頼性のある情報源を選び、正確な引用を行うことで、悪影響を回避できます。
  10. これらのベストプラクティスと対策を組み合わせることで、品質の高いコピー記事を制作し、SEOにおいても成功を収めることができます。

回避策

重複したコンテンツ(コピー記事)を投稿する際、SEO的に気をつけることがあります。以下はそのポイントです:

オリジナリティを重視:
オリジナルかつユーザーに価値のあるコンテンツを作成することが重要です。他のサイトからのコピーではなく、独自の視点や情報を提供するよう心掛けましょう。

引用とソースの適切な利用:
他のサイトからの情報を引用する場合は、適切な引用を行い、ソースを明示することが重要です。
正確な情報源を明示することで信頼性を高めます。

Canonicalタグの使用:
もし同じコンテンツが複数のページに存在する場合は、Canonicalタグを使用してどのページが優先されるべきかを指定することができます。
これにより、検索エンジンが正しいページを優先的にインデックスすることが期待できます。

リダイレクトを活用:
他のページに同じコンテンツが存在する場合、301リダイレクトを使用して重複したページを1つの主要なページにリダイレクトすることで、検索エンジンが正しいページを取り扱うことができます。

メタタグの最適化:
同じコンテンツを異なるページに掲載する場合、メタタグ(特にタイトルとメタディスクリプション)を工夫してユニークにし、各ページの内容を適切に表現するようにしましょう。

検索エンジンツールを利用:
Google Search Consoleなどの検索エンジンツールを利用して、サイトにおける重複コンテンツの問題をモニタリングし、解決策を見つけることができます。

ソーシャルメディアでの適切なシェア:
同じコンテンツを異なるページでシェアする場合、ソーシャルメディアなどで適切にシェアすることで、異なるアクセス経路を活用しやすくなります。

これらのポイントを考慮して、検索エンジン最適化のガイドラインに従いながら、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供することが重要です。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

重複したコンテンツ(コピー記事)は成功する場合もあれば、SEOに悪影響を及ぼす可能性もあることが分かりました。

成功するためには、慎重な戦略と検証が必要です。

これらの事例を通じてより賢明な重複したコンテンツ(コピー記事)の作成に向けた洞察を得ることができることでしょう。

このように重複したコンテンツ(コピー記事)にはメリット・デメリットがあります。

詳しい人であれば対処法もありますが、重複したコンテンツ(コピー記事)の投稿は慎重にした方が良さそうです。