主婦がネットで稼ぐためのメルカリ・Amazonネット仕入れ(電脳せどり)術〜本せどりが語る、ポイント3選〜

電脳仕入れタイトル
電脳仕入れタイトル
旅するのん
旅するのん

主婦の毎日は、忙しいですね。

その中でも、メルカリAmazonでおこづかい稼ぎをしている人も多いでしょう。

子育てが落ち着いた頃から、おこづかい稼ぎに「メルカリ」出品のせどりをスタートしました。

しばらくは、店舗仕入れに勤しむ日々も続いていました。
ここ最近、家を空けられる時間があまりなくなってきました。

どうしたものかと思い、考えたのが「ネット」から仕入れる「電脳仕入れ」です。

「電脳仕入れ」は、せどりの手法のひとつです。

今回、忙しい主婦でもできる「ネット仕入れ(電脳せどり)」の方法について紹介します。

インターネット上で商品を仕入れる

「電脳仕入れ」は、ネットで購入したものを、再度、販売(転売)するための仕入れのことです。

インターネット上で仕入れたものを、「メルカリ」や「Amazon」などで販売します。

ネット仕入れ
ネット仕入れ

・自分で購入したものを、販売することは認められています。

しかし・・・

仕入れ先や出品先のプラットフォームには、独自の規約があります。
規約は、守りましょう。

仕入れたにしても、それを出品するにしても、その場所の規約があります。

「法律」と「プラットフォームの規約」の両方に、違反のないよう気をつけてください。

仕入れ先

さて肝心の仕入れ先は、

Amazon楽天市場など、さまざまにあります。

個人事業主ともなると、卸業者とも取引できますので「仕入れ先候補」に加えられます。

店舗仕入れとネット上での仕入れの違い

店舗orネット?

新品の転売もありますが、今回は、中古品転売として考察してみました。

店舗仕入れ

お店での仕入れ
お店での仕入れ

メリット(店舗)

・目の前に商品があるので「状態」が確かめやすい
・「確実に手に入る」安心感がある

デメリット(店舗)

・現場まで足を運ぶ手間が掛かる
・商品の入れ替わりが遅いので一度行くとなかなか取れない

ネット仕入れ

携帯からアクセス
ネットから仕入れる

メリット(ネット)

・時間を選ばずに仕入れができる
・取引がネットの記録に残るので管理しやすい

デメリット(ネット)

・状態が説明とは違っている場合がある
・不具合が見つかると返品など一手間かかる

「店舗仕入れ」か、「ネット仕入れ」かは、好みに応じて選択すれば良いです。

良いとこ取り

主婦は、家庭のことや家族のことで、店舗に行けない時があります。

そのような場合に、「ネット」仕入れ「店舗」仕入れの両方ができると「鬼に金棒」です。

ネットでの仕入れは、苦手意識の強い人もいます。

でも、時々で良いので、意識してして挑戦していくと、思いもかけないお宝をゲットできたりします。

慣れてくるとお宝が見つけやすくなります
慣れてくるとお宝が見つけやすくなります

一度、その感覚が掴めたら占めたものです。

次回も、順調な仕入れができることでしょう。

早押しじゃなくて良い

ネット上で仕入れることを難しく考える人が多いなか、コツさえ掴めばそこまで難しいものではありません。

難しいと思われる理由に「早いもん勝ち」と思っている方もいるからだと思います。

今回は、忙しい主婦に向けた「おすすめのやり方」なので、早押しのやり方は推奨していきません。

ツールも使わない

有料ツールを使って仕入れる、いわゆる「狩り取り」という方法についてです。

この方法でやれなくもありませんが、こちらはかなりハードです。

なぜならば、それで儲かるのであれば、他の人もそのツールを使っているはずだからです。

電脳せどりツールを使っても競争
電脳せどりツールを使っても競争

「メルカリ」や「Amazon」での仕入れに、有料ツールを用いて儲かるのであれば、みんながやります!

みんなが始めてしまうと、そのやり方はいつしか通用しなくなります。

最終的には、人間の判断

ツールを使った「狩り取り」も、最終的には人間の判断です。

そうした方法だと、主婦ではなかなか時間が取れないので、長続きしません。

私も、これまでにずいぶんと高いツールを導入し、挑戦してきました。

でも結局、いちばんかんたんな方法は、誰でも使える無料のやり方に落ち着きました。

メルカリやAmazon仕入れのメリットとデメリット

どのビジネスでもそうですが、競合する相手がいます。

競争して勝ち続けるというのは、至難の業です。

今回、この記事は「主婦のおこづかい稼ぎ」に特化しています。

欲張らない程度の仕入れにとどめましょう。

メルカリ出品をされる方の中には、ハンドメイド販売をする人も多くいます。

手作りが好きな方なら、オリジナルな商品を販売するのも良いと思います。

メルカリでハンドメイド
メルカリでハンドメイド

他の出品者を参考に、出品物を眺めると良いアイデアが浮かんでくるかもしれません。

ネット仕入れのコツ

ネット仕入れの一番のコツは、価格の相場を理解することです。

この相場を理解すれば、ネット上でも良い仕入れができます。

新品せどりでも稼げなくもありませんけれど、新しい情報が常に必要です。

その点、中古せどりであれば、知識とともに情報が蓄積され、収益が増えていきます。

相場を知るためには、アンテナを張り巡らせます。

相場の動きをキャッチするアンテナ

ヒントになる情報は、日常のなかに溢れています。

うまく、キャッチしてみてください。

話題になったものは、相場が動きます。

定期的に話題になるものもあれば、一発屋で終わるものもあります。

その見極めの力は、重要です。

相場を知るには・・・

プライスターお試し
プライスターお試し

本格的に、値段の相場を知るには世界中で使われている「Keepa」というツールがあります。

Amazonからのデータを抽出したもので、過去の「販売履歴」や「価格の変動」が一目でわかるようになっています。

このツールを使うためには、契約が必要で有料になっています。

メルカリ出品だけであれば、特に使わなくても問題ありません。

私の毎月の固定費

Amazon大口出品 (約5,000円)
Keepa(約2,000円)
プライスター(約5,000円)


この3つがあれば、ほとんどのことができてしまいます。

Amazon(メルカリは無料)、→出品先

Keepa価格の変動をしっかりと見極める

プライスター
仕入れ判断、簡易出品作業、発送(プライスター急便)、備品の購入、価格追従・改定と、マルチタスクな優秀なツール

プライスターお試し
プライスターお試し

「Keepa」の導入

電脳仕入れにおいて「仕入れ」ツールは使わないのですが、相場を見るためには「Keepa」を使っています。

「Keepa」は、月に数千円ですので、しっかりと稼ぎたい人には使って欲しいです。

グラフが読めない人には、「プライスター」が簡易でその判定をしてくれます。
このおかげで仕入れ判断しやすくなります。

売れるスピードを10段階で表示してくれます
売れるスピードを10段階で表示してくれます

Amazonとの連携

Amazonと連携することでも、稼ぎやすくなります。

Amazonの販売歴を知るためには、Amazonとの大口契約は必須です。

この契約により、多くのツールと紐付けが可能になってくるので、せどりビジネスの「基本」になります。

賢く使えるメルカリ

商品の「相場を知る」だけであれば、メルカリの「売り切れ価格」を参考にすると良いです。

例)

1、仕入れられそうな「A」という商品を見つけました。

2、「A」の相場を知るには、メルカリの”検索窓”に「A」と入力します。

3、さらに「絞り込み検索」で、販売状況を「売り切れ」にすると売り切れたものがずらっと並びます。

4、これで「A」という商品の大体の相場が掴めます。

この「売り切れ」を見ることが、とても大事です。

これがわかれば、電脳でも店舗でも仕入れが可能です。

せどりで相場を見極める力

「相場」さえわかってしまえば、怖いもんなしといっても過言ではありません。

先ほどの「A」という商品が、いくらで売れる。という答えは持っているのですから。

これで、仕入れができるのです。

①電脳仕入れ

電脳仕入れのやり方は、「Keepa」が重要になってきます。

Keepa」が使えるようになると、相場感が身についてきます。

でもこれだと有料になりますので、メルカリを活用しましょう。

先ほどの「A」という商品をメルカリの「売り切れ」で眺めていると、

旅するのん
旅するのん

なるほど!「A」は、2千円〜3千円で売れている!!

と、わかります。

そこから、今度はメルカリの絞り込み検索の「販売中」を見るのです。

すると、たまに安くで売られているものに出くわすことがあります。

これを見つけたら、店舗と同じで利益が出そうなら購入すれば良いのです。

Amazonでも、やり方は、同じです。

相場さえ知っていれば、販売中の商品の中にある仕入れ対象商品を見つけ出すことができるようになります。

本格的にやるのであれば、Amazonの大口契約を検討推奨です。

Amazonの場合だと、いくらで売れたかの履歴が見れません。
そのため、販売履歴のわかるツールが必要になってくるのです。

②メルカリ出品の楽しみ

メルカリでの販売は、独創性があって楽しいものです。

自分の価値観や趣味が合う人がいれば、好みのものを仕入れて、出品したものがどんどん売れていきます。

相手の気持ちがわかることは、あなたの強みです。

「ミックスセット」のように、お楽しみでセット組みして販売すると、売る側も買う側も楽しいです。

このような売り方は、他には真似のできない「付加価値」「希少価値」の部分になります。

せどりは、この「付加価値」「希少価値」をうまく活用して販売にも力をいれていきましょう。

セット組みすることで、ライバルと差がつけられます。

③物価高による、売り上げ上昇

昨今は、物価高により価格が高騰しています。

数年前に仕入れて、高値で放置していたものも高く売れることがよくあるようになりました。

貯金として、現金を残すのが良いのか、株が良いのか、不動産が良いのか、選択肢は色々あると思います。

でも、ここ最近の物価高のためか、以前は110円で買えていたものでも210円などに上がりました。

ということは、その110円で購入したものの価値は、210円と倍近くに上がったということです。

単純な発想ではありますが、手元の資産が倍になったことになります。

その現象は、全国で起きているので、どこのプラットフォームでも価格の上昇が見られます。

せどりは、相場感を掴むことも大事ですけれど、こうした時代の流れを読む力も必要なようです。

このようなスキルは、他のビジネスにも応用できます。

なんとなくでも、売り切れの相場を掴むことは、モノの価値がわかるということなので、とても大事なことだと思います。